ハッピーな歳の取り方

search
menuclear

ハッピーな歳の取り方

投稿日時:2019年08月17日 20:13

ツイートする シェアする 一般公開でおすすめ

こんにちは、スタッフKです!

 

某SNSを使い始めて10年近くが経ちました。

 

SNSは楽しい情報をシェアできる、良いものですよね。

いつかのコラム記事、見せ見せダイエットでも触れましたように、自分の姿をひとに見せる意識を持つのにも効果的です!

 

わたしも楽しく使わせていただいてます♪

 

そして、この某SNS、3年前の投稿やら5年前の投稿やらが、自分にだけ見える状態で自分のページのいちばん上にに出てくるんです。

 

見ると……

 

自分が若い。当たり前ですが、いまの自分より若い。びっくりします。

 

わたしは加齢をプラスに考えているので、若返りたいという気持ちではなく、

 

人間とはきちんと加齢して老化をするものなんだ、

 

という自然現象に感心しちゃうんです。

 

アンチエイジングにはもちろん興味があります。
それについても、若返りたい気持ちからではなく、自分の体を長く大事に使っていきたい気持ちからです。

 

健康でいることが、心を明るくハッピーにする重要なキーだと思います。

今回は、体を大切に健康に保ち、心が満足する歳の重ね方に関した情報をシェアしたいと思います♡

 

 

 

加齢と老化の違い

 

 

 

 

重ねてご説明しますが、若いからいい、のではありません。

 

だれもが歳をとります。だれにも加齢があり、老化があります。

その中で、もう若くないから、などと、逆らえない摂理にクヨクヨするよりも、どうやって気持ちよく歳をとろうかな、と捉えるほうが、キラキラできると思うのです。

 

加齢というのは、実に淡々とした時間経過を指します。

老化とは、加齢に伴う生理機能の低下です。

 

 

どちらも全人類に起こる、至極当然の現象です。

 

ではなにが違うかというと、

 

加齢の速さをとめることはできませんが、老化の速さは遺伝的なものを除けば、自分の努力で遅らせることができる点です。

 

老化を遅らせることができる、すなわち、実齢よりも体年齢、たとえばお肌年齢や内臓年齢を若く保つことが可能なのです。

 

体に負担を与え、結果、老化に繋がってしまうものをなるべく避ければ、より長く健康でいられるんです!

 

 

 

老化を早めるふたつの大因

 

 

①酸化

 

言い換えてみると「体がサビてしまう」ことです。

 

リンゴやジャガイモは、切ったあとにそのまま晒していると変色しますよね。酸素を摂取する人間にもあれと同じ現象が起こります。

 

人間は呼吸で取り入れた酸素を使い、食事で取り入れた栄養素をエネルギーに変換させます。このとき、多少の酸素が余り、余った酸素は、いろいろな悪因に絡まり、体内の電子素と繋がろうとするんです。

 

それが、体の酸化です。

 

酸化を促してしまう悪要因の主なものは、ストレス、紫外線、過度な喫煙飲酒などです。

体の酸化は、お肌の老化を早め、動脈硬化などの血めぐりの悪化を呼び起こします。

 

②糖化

 

こちらは「体にコゲができる」と例えるとわかりやすいでしょうか。

 

過剰に糖分を摂取すると、ふつうに消化ができなかったぶんが体内のタンパク質と結合し、AGEという名前のかなり強い老化促進物質を作り出してしまいます。

 

 

AGEは、お肌のくすみ、たるみ、シワをつくるほか、髪や爪や内臓までを汚してしまう怖い物質です。

 

 

 

酸化と糖化の防ぎ方

 

 

 

①酸化には食べ物で対抗

 

体の酸化を予防する栄養素があります。
ポリフェノール、ビタミンE、ビタミンPです。

代表的な食べ物には、緑茶、人参、トマト、鮭、生姜、蕎麦などがあります。

これらを積極的に食べると、活性酸素の除去、免疫力の向上を図ることができるんです!

 

②糖化には食べ方で対抗

 

体が糖化するのは、食後の血液中に糖分があふれるからです。なので、血糖値を急激に上げないよう、野菜や食物繊維から食べ始め、糖質の多い主食はあとにしましょう。

なお、糖化を促進する食べ物を控えることも大事です。砂糖はもちろん、揚げ物や主食は、適度に楽しむ程度に抑えておきましょう。

 

 

まごはやさしいよ

 

老化を遅らせる食べ物の覚え方がありますね。

まごはやさしい。

 

いまは、これに、よ、が付き、まごはやさしいよ、がベストとされているそうです!

 

「ま」豆類(大豆、味噌、納豆、豆腐)
「ご」ごま
「こ」米(玄米)
「は」わかめ(海草類)
「や」野菜
「さ」魚
「し」しいたけ(きのこ類)
「い」いも類
「よ」ヨーグルト(発酵食品)

 

積極的に取り入れていきましょう!

 

ただし、嫌いなものを我慢して食べる必要はありません。

ストレスも老化の原因ですからね♡

無理なく、できる範囲で、心と体を尊重していきたいですね。

健康美って、改めて、素晴らしいなと思います。