師走のストレス処方箋

search
menuclear

師走のストレス処方箋

投稿日時:2018年12月19日 19:03

ツイートする シェアする 一般公開でおすすめ

こんにちは、スタッフKです。

 

12月になりました。
なぜ、12月はこうも忙しいのでしょうか……。

 

時節に伴う、ご挨拶やイベント関連。
忘年会だとか、クリスマスだとか、年賀状の用意ですとか。

 

季節柄の、トラブル関連。
乾燥肌だとか、防寒のお洋服ですとか。

 

感覚的な、年末追い込まれ心理関連。
今年が終わる、今年がもうあと1カ月しないで終わる、なにやら急に焦りや不安が押し寄せる……。

 

実際に、他の月よりも予定が立て込み、日々のタスクも自然に増える、そんな師走。

ですが、実は気持ちだけが先走って無駄に過剰にストレス感知を最もしやすいのも、この師走なんですって。

12月は、1年間でいちばんストレスを感じやすく、身体に不調が訪れやすい月である、そんな調査結果があるのです。

 

今日は、師走、という文字に負けずに、12月でもゆったり日々を大切に過ごすための健康美情報をシェアしたいなと思っています♡

 

 

脳疲労

 

 

 

「脳疲労」をご存知でしょうか。

 

外部からの過剰な情報が入りすぎたり、過剰に周囲からの期待に対応しようという無理が脳意識にかかり、無自覚のまま心と体の連携バランスが崩れてしまう状態です。

 

脳疲労を起こすと、体は、わかりやすく悲鳴をあげ始めます。

 

・寝つきが悪くなる
・免疫力が低くなり風邪を引きやすくなる
・食欲がなくなる

 

睡眠や栄養不足、体の抵抗力低下。

ただでさえ寒く乾燥した時期には大敵ですね。

 

そもそも、脳疲労は真面目な性格のひとに起こりやすいもの。
年末にかけて、1年間ずっと頑張り続けてきたのに、まだまだ自分の努力が足りないのではないか、と反省し過ぎてしまうような性格のひとに多く起こるようです。

 

師走ならではのストレスをうまく解消しなければいけません!

 

 

 

 

脳疲労の簡単な解消方法

 

 

 

普段から上手にストレスを笑い飛ばせているひとなら、年末を理由にひどく重いストレスに苛まれることはありません。

 

この師走になんらかの心身の体調不良を感じている繊細な気質の持ち主さまへ、

簡単に、少しでも楽になる考え方をご提案させてくださいね♡

 

①自分の1年間を褒めてあげる

減点や反省方式ではなく、無事に12月を迎えたという加点方式に切り替えてみましょう。
12月まで頑張れたから12月が来たのですよ♡
頑張って頑張って12月が来たのですから、それだけで自分の素晴らしさを認めてあげましょう?

 

②多忙だろうが、1日は1日

他の月よりやるべきことが増えて忙しかろうが、1日という時間は、変わりのない1日という時間です。

 

なぜだか早ってしまう気持ちを、意識的にゆったりと持つようにしたいですね。

ひとつひとつの所作に気を使い、自分の心に自分で余裕をあげられるよう、時間に流されるのではなく能動的に自分の好きな時間を過ごすように。

 

既知のストレス解消法なのに意外に忘れてしまいがちな、

「深呼吸」

をするのはとても効果的です。気持ちの焦りに気付いたとき、3度ゆっくり呼吸をするだけで、心理的にだいぶ落ち着くことができるそうです。

 

③師走の先へ視野を広げてみる

12月はたしかに、1年の締めくくりの大切な月です。ですが、新しいスタートの月、1月はすぐにやってきます。

 

今年1年間のまとめとともに、来年からの、さらには今後数年間の期待や目標に目を向けてみましょう!

 

スタッフKでいえば、健康美への学びは、今月で終わりなどではありません。
一生の楽しみであり、目標です。
今年、たくさんの反省はありましたが、学びもありました。

 

 

何よりも効くお薬は、ストレスフリー

 

 

どんな季節、どんな状況でも、自分の心と体を、今できるだけ満たしてあげることが、健康美的な生活です。

 

心と体は一生リンクしていくもの。

身体は一生、自然とリンクしていくもの。

 

自分の心と体が本当に必要としているものや心地よいものを、自分だけの感覚として積み重ねて行きたいですね。

 

ストレスもうまく減らして、風邪などにも負けずに、師走もできうるだけ幸せな時間を過ごせるように心がけて行きましょう♡

 

ハートとボディに何よりも効くお薬は、ノンストレスですよ♡